6月 イギリス語学留学滞在日記

6月28日 友達がコーチ(バス)でオックスフォードに旅立った。

Piet Mondrian : Composition with Red, Yellow and Blue, 1928 絵葉書

<絵葉書>

Piet Mondrian : Composition with Red, Yellow and Blue, 1928

 

 

スポンサーリンク

28 June

曇り 時々 雨 寒くはない。

今日は、最後のレッスンの日で、皆証明書のようなものをもらった。

Yが17時のコーチでオックスフォードに旅立った。

She is the first person to leave.

すごく悲しかった。

これからジーザスグリーンに行っても、カールトンwayを通っても、どこにも彼女の姿は無い。

やっぱり私も引っ越しする事にしてよかった。あまりにも寂しすぎる。

これからは、「you two, you two, you three」と言ったり、ふざけたり、討論する事もめったにできない。

誰かが前に言ってた。毎月別れがあって辛いって。

その時はよくわからなかったけど、今は理解できる。

オックスフォードはバスで3時間とトレイシーのボーンマスより近いから、訪れる事にしよう。

明日は私の引っ越しで、明後日はトレイシーの引っ越しだ。

この三ヶ月間、本当にあっという間だった。

特に6月は早かった。遊びすぎた気もするけど、7月からはクラスも上になるし、アレルスの試験(オックスフォード主催の読み・書きに重視した試験)も受けるし、ホームステイ先も変わるし、大変な日々が始まる。

頑張ろう。

今日は、お昼にいつもと違うチャイニーズレストランに食べに行った。

チャーリーチェンよりおいしいけど、約£7して高かった。

キングスカレッジの卒業式だったらしく、沢山の人々が黒マントを羽織ってかっこよかった。

 

 

登場人物・場所

Y日本人・クラスメイト19才
トレイシー台湾人・クラスメイト20才

※ 日本人はイニシャルで表記

ジーザスグリーン芝生広場・語学学校の仲間とよく遊んだ場所
カールトンway語学学校の仲間が沢山ホームステイをしている辺りの道
チャーリーチェン語学学校の仲間と、主に金曜日のお昼に食べに行ったチャイニーズレストラン

 

 

スポンサーリンク

解説

仲良くしていた年下の友達が、とうとうケンブリッジからオックスフォードの語学学校に通う為に引っ越していきました。

イギリスに語学留学して一番最初の友達でした。年下といえども気が合ったので、別れは本当に寂しく思いました。

「you two, you two, you three」とは、語学学校の先生がグループを組む時によく使っていた言葉で、何故か皆のつぼにはまり、よく真似をして遊んでいたのです。

それを言えなくなるのが辛いとは・・。この時20代後半のワタシでしたが・・・。

さて、三ヶ月間のタームが終わり、7月からは私の生活も一新します。

  • ホームステイ先が変わる。
  • クラスが初級(elementary)から中級(intermediate)に上がる。
  • アレルスの試験を受ける。
  • 周りにいる人々が変わる。

同じ語学学校に通うのですが、ホームステイ先が変わる事から環境が全く変わります。

7月からはどんな人に出会い、英語の勉強はどのように進んでいくのでしょうか。

自分自身、日記を読み返すのが楽しみです。

 

参考: イギリス人老夫婦家庭でのホームステイ体験談(ケンブリッジ)

参考イギリス人老婦人家庭でのホームステイ体験談(ケンブリッジ)

参考ホームステイ先の変更や延長、引越し方法について

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

 

 

スポンサーリンク

-6月, イギリス語学留学滞在日記

© 2021 ケンブリッジデイズ Powered by AFFINGER5