イギリス語学留学滞在日記

6月16日 語学学校の仲間とジーザスグリーンでバーベキューをする

Piet Mondrian : New York City 2, 1942-44  絵葉書

<絵葉書>

Piet Mondrian : New York City 2, 1942-44

 

 

スポンサーリンク

16 June

晴れ少し暑い。

今日はお昼にモハ1とトレイシーとでチャイニーズレストランに行って、酢豚のご飯とスープ、ジャスミンティーを食べ、£7.3も使ってしまった。

何だか最近食べ物によくお金を使う・・。

ところで、今日はバーベキューをジーザスグリーンでした。

Y, トレイシー、Iみ、Y子、ローレン、私というメンバーでなかなかグッドな経験だった。

でも、芝生がこげてしまって、何かの罪になりはしないかとちょっと心配になった。

その後、Yとローレンとチアリは水かけごっこして、Yはびっしょりとぬれ、チアリの服は破れてしまったが楽しそうであった。

チアリ、ローレンとモハ1は何故か自転車をぐるぐると乗り回して、不思議な光景だった。

その後、ヨーロッパ人とアジア人との違いについて討論になった。

例えば、Qクラブでのふるまいなど(ひと目もはばからず、本能で踊りまくっている様子など)

興味深い討論だった。

 

 

登場人物

Yクラスメイト・日本人19歳
Iみクラスメイト・日本人19歳
Y子同じ語学学校・日本人20歳前半
モハ1(モハメッド)クラスメイト・イスラエル人20歳前後
ローレン同じ語学学校・スイスフランス人20歳前後
チアリクラスメイト・スイスフランス人17歳
トレイシークラスメイト・台湾人20歳
ジーザスグリーン大きな芝生公園

※ 日本人はイニシャルで表記。

※ モハ1について、他にもう一人後からモハメッドという名前のクラスメイトが来たので、二人の区別をつける為にモハ1、モハ2と呼んでいました。本人達はこう呼ばれる事は気に入っていた様子でした。

 

 

スポンサーリンク

解説

この日より前に、シンガポールから来たという人達がジーザスグリーンでバーベキューとしているのを見て、私達も面白そうだからしてみようということになりました。

バーベキューといっても、本格的なものではありません。

シティセンター(ケンブリッジの中心部・銀行やお店などが揃っていいます。)にある、Sainsburyというスーパーで食材と使い捨てのバーベキューコンロ(ラックなし・発火剤付き)を2つ購入し、ただ焼いただけというものです。

芝生の上に直にコンロを置いたものですから、ジーザスグリーンの芝生が焦げてしまい、本当に何か罰金とか罪に問われるかもしれないと心配しました。(皆さんは絶対に真似をしないでくださいね。)

その後、そこを通る度に跡形がついていて胸が傷んだものです。

楽しく遊んでいたのですが、途中からヨーロッパ人男子と日本人女子とで、考え方の違いの話になりました。

特にYは、ヨーロッパ人女子の男子に対するアプローチの仕方に疑問を持っていたようでした。

 

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

 

 

スポンサーリンク

-イギリス語学留学滞在日記
-

© 2020 イギリス語学留学体験と英語学習