イギリス語学留学滞在日記

6月19日 イギリスの銀行で語学学校の授業料3ヶ月分を振り込む

Piet Mondrian. Evolution(Detail 1),1910/11  絵葉書

<絵葉書>

Piet Mondrian. Evolution(Detail 1),1910/11

 

 

スポンサーリンク

19 June

くもり 寒い(6月半ばなのに寒い)

今日は学校が終わった後、銀行に行って7月から9月の授業料(ホームステイ代込)を振り込んだ。

高額を振り込んだので、振り込む際少し胸が痛んだが、ここで帰る訳にも行かないので仕方がない。

その後、Hと図書館で勉強し、チャイニーズテイクアウェイの店(台北)へ行ってラーメンを食べた。

私の求める味では無かったが、食事をしたという満足感はあった。

店の中は東洋人ばかりで、日本人は私達ぐらいだった。台湾人とか韓国人が多いようだ。

「一体ここはどこ?」と思ってしまった。イギリスのケンブリッジではないように思える。

その後、Hと二人でミッドサマーコモンで何か催しがあるらしいという情報を元に行ってみたら、遊園地だった。

乗り物が沢山あって、ものすごく回転しているものもありびっくりした。

Hはゲームセンターで車のゲームをしてた。とても古いゲームだった。

1ゲーム30ペンスだ。安いものだ。

 

 

登場人物・場所

H 同じ語学学校・日本人20代前半

※ 日本人はイニシャルで表記。

台北テイクアウェイ専門のチャイニーズフードの店
ミッドサマーコモンケンブリッジの中心部にある芝生広場で、遊園地、花火大会、ストロベリーフェア等が行われる場所

 

 

スポンサーリンク

解説

最近の日記では、よく日本人のHさんが登場します。彼女は、advanced(上級)クラスの人で、6月から私と同じ語学学校に入学してきました。

それまでは、20歳前後のとても若い人達と一緒にいる事が多く、その中で自分が一番年上だったので、年齢差を感じていました。彼女が来たことで、私と年齢が近く嬉しかった事を覚えています。

この日は珍しく彼女と二人で行動しています。いつもの図書館、いつもの台北(チャイニーズフード・テイクアウェイ専門の店)に行き、そしていつもと違うところは、遊園地に行った事です。

遊園地といっても、いつもそこにあるものではなくて、移動式遊園地です。

初夏のある期間だけミッドサマーコモンというイベント類が行われる芝生広場にくるようです。

参考イギリス・ケンブリッジでバークレイズ銀行の口座を開設

参考イギリス語学学校1年間の授業料とホームステイの費用

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

 

 

スポンサーリンク

-イギリス語学留学滞在日記

© 2020 イギリス語学留学体験と英語学習