イギリス語学留学滞在日記

6月9日 ケム川で語学学校の仲間とパント(船遊び)を楽しむ

CAMBRIDGE ARMS Designed by Tim Rawle postcard

<絵葉書>

Cambridge Arms designed by Tim Rawle

 

 

スポンサーリンク

June 9

本日はとても忙しかった。10:00にカールトンパブの前でトレイシー、Yと待ち合わせををし、グランチェスターまで行った。

天気が素晴らしく良く、グランチェスターの緑は深く、写真を何枚も撮った。

突然止まったら、すぐ後ろを走っていたYと衝突して2人共こけてしまった。(足を打って、少し腫れている。)

オーチャードティールームでスコーンを食べてオレンジジュースを飲み、その後私達の場所ジーザスへ。

パンティングをしようとモハをずっと待っていたが結局来ず、来てるものだけで行ったらすごいキュー(列)でafter dinner にトライする事にした。

パンティングは力が必要だ。私にはちょっと難しすぎた。

チアリとモハは初めてなのにまあまあ(漕ぐのが上手い)で、興味深い乗り物であった。

Sight Bridge(数学の橋)も下から触れてすごく楽しかった。

だか、too many people で少しイラついた・・。

今日はいっぱい話した。写真の現像が楽しみである。

日焼けした腕が赤くなってかゆい・・・。

 

パントとは

船底は平らで浅く長さがあるボートを、丸くて長い棒で川底を押しながら進む舟遊びの事です。オールも貸してくれます。

 

登場人物

トレイシー台湾人20歳
Y日本人19歳
モハ(モハメッド)イスラエル20歳くらい?
チアリスイスフランス17歳

※ 日本人はイニシャルで表記します。

 

 

スポンサーリンク

解説

ある晴れた週末に、勉強を離れて年下の友達と一緒に遊んでいる時の日記です。

ケンブリッジ郊外のグランチェスターという場所にとても素敵なオーチャードティールームという場所があります。

そこでランチをした後、シティーセンターに戻り、すぐ側にあるジーザズグリーンで遊んでいました。

端の方にテニスコートやパブはありましたが、ジーザスグリーンはとても大きな芝生だけの公園です。

仲間とは、芝生に座って話をしたり、寝転んで空を見上げたりする憩いの場所でした。

そこで座っていると、だいたい平日・週末関係なく、クラスメイトの誰かが通ります。

パントをしたい私達女子は、クラスメイトの男子が来るのを待ち構えていたのですが、午後には結局現れませんでした。

そこで、自分たちでパントをしようと行ったのですが、すごい行列だったので、夕食の後にもう一度来ることにしたのでした。

6月のイギリスは午後8時頃まで明るく、夕食(だいたい5時から6時頃)の後でも十分にパントができるのでした。

覚えていないのですが、どうやら男子と合流できたようです。

他にも数人通りかかった同じ語学学校の友だちも誘い合わせて、数人で一艘をかりてパントを楽しみました。

その方がお安く借りる事ができるのです。

参考イギリス・ケンブリッジのお勧め観光スポット9選

参考イギリス・ケンブリッジ観光日帰りモデルコース(自転車編)

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

スポンサーリンク

-イギリス語学留学滞在日記
-

© 2020 イギリス語学留学体験と英語学習