ケンブリッジでの生活

イギリス・ケンブリッジのお勧め観光スポット9選

グランチェスターへの道 菜の花畑

イギリスのケンブリッジに滞在中、色々な場所を訪れました。私のお気に入りの観光スポットや、長期留学ならではの場所も含めて紹介します。

 

スポンサーリンク

1.キングスカレッジチャペル・ルーベンスの絵 (King's College Chapel)

キングスカレッジチャペル(King's college chapel)

キングスカレッジチャペルの建築、ステンドグラス、パイプオルガン全てが美しいのですが、私が一番心を打たれたのはチャペルのつきあたりにあるルーベンスの絵です。

ルーベンスの絵は教科書でしか見た事がなく、教科書と本物のあまりものギャップに驚きました。三賢人が、生まれたばかりのキリストに会いに来ている絵「東方三賢人礼拝の図」です。その迫力、筆使い、本当に美しいです。

パリのルーブル美術館に行った時に、キングスカレッジチャペル内のルーベンスの絵と同じサイズの同じような構図の絵を何枚も観ましたが、こちらの絵が一番素晴らしいと感じました。チャペルの中に1枚だけという雰囲気も良かったのだと思います。

入館料は必要ですが、心が疲れた時、友達が来た時、時間がある時など何度も観にいきました。

 

2.パント(Punting)

ケンブリッジ・ケム川でのパント(セルフハイヤー)

季節の良い時には、よく語学学校の仲間と一緒にパントに行きました。

パントだけを借りて自分達で漕ぐ事ができます。かなり力とコツが必要ですので、男手があると助かります。ガイド兼船頭さん付きのパントも有ります。名所の説明をしながら船を漕いでくれるので、ゆったりと景色を眺める事ができます。料金はそれぞれ異なります。

パントは、トリニティ・カレッジ、キングスカレッジ等の各カレッジや、有名な「ためいき橋」「数学橋」「バッカス(The Backs)」をケム川から見る事ができるので、効率的にケンブリッジの見どころを楽しめます。

  • パントとは・・・船底は平らで浅く長さがあるボートを、丸くて長い棒で川底を押しながら進む舟遊びの事です。オールも貸してくれます。

 

スポンサーリンク

3.シティセンターウォーク (City Centre Walk)

イギリス・ケンブリッジのシティセンター内マーケット

シティセンター内を歩くだけでも十分に観光気分を味わう事ができます。

マーケット、ラウンドチャーチ、聖メアリー教会、トリニティカレッジやセントジョンズカレッジなど小さなエリア内に沢山の観光名所があります。キングスカレッジや、パント乗り場もシティセンター内にあり、歩いて巡る事ができます。

町歩きに疲れたら、近くのジーザスグリーン(芝生の公園広場)に座って休憩すると気持ちがいいです。

 

4.グランチェスター・オチャードティーガーデン(Grantchester The Orchard Tea Garden)

グランチェスターオチャードティーガーデン(grantchester orchard tea garden)

私が一番お勧めする所です。

シティセンターからは歩いても行けますが、最低1時間以上はかかると思います。しかし、フットパスをゆっくりと散策しながら行くのも楽しいです。

私はいつもグランチェスターへのサイクルルート(フットパス)を通って行っていました。このサイクルルートがケム川沿いに通っていて、片側には菜の花畑や牧草地があり、牛や羊を見る事もできます。振り返ると、シティセンターにある建物が遠くに見えてとても美しい風景です。

自転車が無い場合は、シティセンターからバスやタクシーで行く事もできますが、どちらか片道は歩くと感動の風景に出会えます。

オチャードティーガーデンでは、おいしい料理やスコーン、紅茶を楽しめます。沢山のりんごの木の下に椅子とテーブルがあるので、季節の良い時には外で食事をすると本当に気持ちがいいです。建物の中でも食べる事ができます。

イギリスケンブリッジ・グランチェスターへのフットパス(grantchester foot path)

 

5.いちご狩り (Pick Your own)

6月中旬から8月中旬頃と季節は限られるのですが、シティセンターから自転車で30分程度の場所に、いちご狩りを楽しめるファームがありました。

摘んだいちごは、量り売りしてもらい持って帰る事ができます。ホストファミリーにお土産で持って帰ると喜ばれました。

いちご狩りはとても楽しかったので、ぜひオススメです。シティセンターにあるインフォメーションセンターで聞けば、イチゴ狩りができるファームを教えてくれると思います。

私は行った事がないのですが、シティセンターから北東の方にあるミルトン方面、バットレーンに農場直売所があるみたいです。

この直売所ではいちご狩りはしていない様子ですが、農場で採れたいちごや、他のベリー類、アスパラガスを買う事ができるようです。私がいちご狩りしたのもこの周辺だと記憶していますが、残念ながら今はもうありません。

検索してみると、シティセンターから南西の方に Bury Lane というファームがあり、そこではイチゴ狩りを楽しめるようです。シティセンターからは遠いので、車で行く場所のようです。

  • 住所:Bury Lane Farm Shop, A10 Bypass, Melbourn, Royston, Herts, SG8 6DF
  • Webサイト:Bury Lane

 

6.ケンブリッジアメリカンセメタリーアンドメモリアル(Cambridge American Cemetery and Memorial)

Cambridge American Cemetery (ケンブリッジアメリカンセメタリー)

ある時友達に誘われて、韓国人1人と日本人2人の3人で自転車で行きました。

それまでこのような場所があるとは全く知らなかったので、行く価値はありました。

シティセンターから西へ5キロほど行った所にあります。自転車では約30分程度になるはずですが、坂道もあり、45くらいはかかったと記憶しています。アメリカンセメタリーがあるマディングリーロード(Madingley Road)を自転車で行くには結構危なかったように思います。行った日は、幸い車がそんなに走っていなかったのと、十分気をつけたので大丈夫でした。

ホストファミリーに、「アメリカンセメタリーまで自転車で行った。」と話したら「え!あんな所まで。」という感じで、軽く驚かれました。やはり自転車で行くには少し遠いと思われたようです。

アメリカンセメタリーは、第二次世界大戦のアメリカ軍人墓地です。第二次世界大戦についてもここで学ぶ事ができます。印象的だったのは沢山の白い十字の形をしたお墓が、きちんと並べられており後ろの風景とマッチしてとても美しかった事です。自然と厳かな気持ちになりました。

 

7.ガーデンセンター (Garden Centre)

ケンブリッジのガーデンセンター

ある日曜日ホストファミリーに車でガーデンセンターに連れて行ってもらいました。

園芸の本場、イギリスのガーデンセンターがどのようなものかを見ておくのも楽しいと思います。

検索してみると、ケンブリッジにScotsdalesというガーデンセンターがあります。私が訪れた所かどうかは思い出せないのですが、場所的にこの辺りだったような記憶があります。いずれにせよ、ここは車で行く場所だと思います。

検索してみると、コトンにもガーデンセンターがあります。アメリカンセメタリーへも自転車で行ったくらいですので、ここなら自転車でも行けるのではないかと思います。シティセンターから行った場合、アメリカンセメタリーよりも少し手前です。

地図で確認すると自転車も通れるフットパスがニューナムエリアのアダムスロード(Adams Road )の端からあります。このフットパスで行くと自然とこのガーデンセンターに到着するようです。次回ケンブリッジを訪れる時は、私も行ってみたいと思う場所です。

 

8.ベリー・セントエドマンズアビー (Bury St. Edmunds Abbey)

サフォーク・ベリーセントエドマンズ(Bury St Edmunds Abbey)遺跡

サフォーク州に綺麗なガーデンがあるというので、友達の車で行ってみました。

すると、中には11世紀に建てられ、16世紀に取り潰された修道院の遺跡があり、公園とガーデンと遺跡が一緒になった場所でした。

歴史を感じる事ができる不思議で美しい空間です。ケンブリッジのシティセンターからは、市バスで行く事ができます。

サフォーク・ベリーセントエドマンズアビーガーデン(Bury St Edmunds Abbey Gardens)

 

9.市バスに乗ってイーリーへ (Ely)

The Cam Bus Cambridge Map (ケムバスケンブリッジマップ)

市バスでイーリーへ何回か遊びに行きました。

市バスに乗るとういのが、まるで住民のような気持ちにしてくれます。イーリーはこじんまりした街で大聖堂があり、日帰りで十分観光できます。

それまでコーチは1人でも乗れていたのですが、市バスに乗るのは勇気が入り乗ってませんでした。友達が誘ってくれて初めて市バスに乗った行き先がイリィでした。ここなら1人でも乗れる!と思い、その後1人で市バスに乗ってイーリーへ行きました。

市バスに乗る練習をするのであれば、イーリーは最初の練習先としてもよい場所だと思います。

 

その他

ケンブリッジナショナルトラスト・人工の湖・ベリー・セントエドマンズアビー

写真左側:ベリーセントエドマンズアビーガーデン 写真右側上:ナショナルトラスト 写真右側下:人工の湖

上記ケンブリッジお勧め観光9選の他に、友達が中古の車を持っていたので、人工の湖やナショナルトラストにも連れて行ってもらいました。

印象的な場所でご紹介したかったのですが、残念ながら具体的な名前を思い出せないので、それらは写真でのご紹介とさせて頂きます。

興味のある方はシティセンターのインフォメーションセンターで聞いてみてください。

 

最後に

イギリス語学留学から帰国後、何年経っても印象に残っているものを紹介しました。

ケンブリッジを日帰りで訪れる方にはキングスカレッジチャペルやパント、シティセンター散策で十分楽しめると思います。レンタサイクルをすれば、グランチェスターの方へも行けます。

しばらくケンブリッジで滞在する方には、自転車や市バスを使って、ガーデンセンターやイチゴ狩り、イーリーやベリーセントエドマンズに行ってみるのも楽しいと思います。是非思い出に残る色々な場所に行ってみてください。

関連記事イギリス・ケンブリッジ観光日帰りモデルコース(自転車編)

関連「ケンブリッジでの生活 」一覧に戻る

スポンサーリンク

-ケンブリッジでの生活
-

© 2020 イギリス語学留学体験と英語学習