6月 イギリス語学留学滞在日記

6月29日 新しいホームステイ先にタクシーで引っ越しをした。

Piet Mondrian : Woods near Oele, 1908 絵葉書

<絵葉書>

Piet Mondrian : Woods near Oele, 1908

 

スポンサーリンク

29 June

すごく寒い

今日、新しいホストファミリーの家にタクシーで引っ越しをした。

ジーザスグリーンも鉄の橋も渡れないのかと思うと寂しい。

今度の部屋はかなり広い。けど、かなりよごれていたので自分で掃除をした。

引っ越しの時はトレイシーも来てくれて助かったし、Mrs.Smartt はとても厳しそうだが、時々英語のスペルも聞いてくるし、綺麗な英語を話すので、耳を傾ける気になる。

食事も相当良い。

今日は久しぶりに魚を食べた。

Mrs. Braybrook は下町の人情味のあるおばさんという感じで、別れる時はやはり辛かった。

とても可愛がってくれたからね。

シティセンターにトレイシーと行ったけど、同じ学校の人は会わなかった。

皆去ってしまったのだ。

H子もまた去った。

トレイシーと2人でコーチステーションまで見送りに行った。

H子は少し泣いていた。

明日はトレイシーが去る。

なんだか落ち着かない日々だ。

 

 

登場人物・場所

トレイシー台湾人・クラスメイト20
Mrs.Smartイギリス人・新しいホストマザー60代?
Mrs. Braybrookイギリス人・前のホストマザー60代?
H子日本人・同じ語学学校上級クラス20代前半女・大学生

※ 日本人はイニシャルで表記。

ジーザスグリーンシティセンター近くにある芝生広場・語学学校の仲間とよく過ごした場所
コーチステーションバス停。空港や他の街へ行くバズの発着がある。

 

スポンサーリンク

解説

前日の28日は金曜日で、今日29日は土曜日です。1つのタームが終わったので、学校を去る人、ステイ先を変わる人は、週末の間(土曜日か日曜日)にはホームステイ先から出なければなりません。

私は、留学期間中に3つのホストファミリーにお世話になったのですが、この日は1つ目のホストファミリーから2つ目の家Mrs. Smart宅に引っ越しをした日でした。

私と入れ替わりに、日本人で大学生のH子さんがMrs.Smart宅を出て、日本に帰国する日でもありました。

トレイシーと私はH子さんをバス停まで見送りに行きました。

ずっと後の話になりますが、私が帰国する為、コーチステーションから空港へ向けて出発した時には、日本人のSさんが見送りに来てくれました。

このように、残る者は見送り、去る者は見送られる、というのを繰り返すのが語学学校でもあります。

大学留学などとは違って短期留学者や長期留学者など、人によって留学する期間が全く違うので、生徒の入れ替わりが結構あるのです。

さて、私はこの日からMrs.Smart宅でお世話になる事になりました。

引っ越しはタクシーでし、引っ越しの手伝いにトレイシーが来てくれた事もあり、考えていたよりスムーズにいきました。

私もトレイシーが去った後に、彼女の自転車の処理を頼まれたりして、お互い持ちつ持たれつ助け合って過ごしました。

今度のホストマザーの英語は綺麗で聞き取りやすかったです。

食事がおいしい、というのはH子さんから聞いていたので期待していたのですが、その通りでした。

前のホストマザーの家では、環境面が良くなかった事もあり引っ越す事に決めたのですが、同じ料金で家によってこうも違うものか、と本当に思いました。

 

参考: イギリス人老夫婦家庭でのホームステイ体験談(ケンブリッジ)

参考イギリス人老婦人家庭でのホームステイ体験談(ケンブリッジ)

参考ホームステイ先の変更や延長、引越し方法について

参考イギリスホームステイの料理と留学中の食事事情

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

 

 

スポンサーリンク

-6月, イギリス語学留学滞在日記

© 2021 ケンブリッジデイズ Powered by AFFINGER5