6月 イギリス語学留学滞在日記

6月30日 イギリス留学中のストレス解消は、日本語で思いっきり話すこと。

 

Piet Mondrian : Passionflower, 1908(?) 絵葉書

<絵葉書>

Piet Mondrian : Passionflower, 1908(?)

 

 

スポンサーリンク

30 June

くもり 少し寒い

今日はいよいよトレイシーを見送った。もう隣で勉強をすることはない・・・。

なんだか信じられない。

その後、IみとY子と私の3人でMacに行って日本語で思いっきり話した。

今日が最後のつもりで。

昼食はとてもおいしかった。

ポークのステーキとポテトと沢山の野菜達!!

午後はジーザスグリーンでHとテニスをした。

2時間はきつかったし、靴が悪かったので疲れた。

明日は筋肉痛に違いない。

その後、セリアと合流して3人でパブに行き2時間くらい話した。

ジーザスグリーンに行く途中、以前バーベキューをした時の、芝生が焦げた跡を見て胸がいたんだ。

「Please don't be late」

「And then~」

「You two, you two, you three 」

を言う相手はもうケンブリッジにはいない。寂しい。

 

 

登場人物

トレイシー台湾人・クラスメイト20歳
Iみ日本人・同じ語学学校20歳
Y子日本人・同じ語学学校20代前半
H日本人・同じ語学学校20代前半
セリア日経ブラジル人・同じ語学学校20代前半

※ 日本人はイニシャルで表記。

 

 

スポンサーリンク

解説

初めてイギリスに語学留学して、同じクラスになった台湾人のトレイシーですが、この日とうとうボーンマスへ引っ越して行きました。

「Please don't be late」

「And then~」

「You two, you two, you three 」

語学学校にヘザーというイギリス人の先生(50代くらい?)がいたのですが、その先生がよく↑のフレーズを特徴ある口調で言っていたので、皆で真似していたのです・・。

それを一緒に言う相手がいなくなって寂しいとは、今振り返ると閉口してしまいます。

明日から7月というこの日は、区切りの日でもありました。

普段は、日本人と話をするのでも英語を使っていましたが、この日は思いっきり日本人の友だちと日本語で話しました。

こういう事は時には必要で、自分に厳しくばかりするのではなく、ストレス解消のためにも時々は日本語で話をすることもO.K.にしていました。

語学学校仲間とは、よく芝生広場のジーザスグリーンで遊んだのですが、テニスコートもあって時々テニスをしました。

コートとラケットは有料で貸してくれます。

具体的な金額は覚えていませんが、学生でも無理なく払えるくらいの値段だったと思います。

さて、私がイギリス・ケンブリッジの語学学校に通っていたのは、1997年から1998年というはるか昔なのですが、今でもこの日の日記に出てくる

  • 台湾人のトレイシー(台湾在住)
  • 日本人のIみ
  • 日系ブラジル人のセリア(ブラジル在住)

とは交流があります。

めったに会う事はできませんが、ライン・フェイスブック等で話しています。

 

参考: 6月16日 語学学校の仲間とジーザスグリーンでバーベキューをする

参考イギリス語学留学生活での6大ストレスと解決法

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

スポンサーリンク

-6月, イギリス語学留学滞在日記
-

© 2021 ケンブリッジデイズ