イギリス語学留学滞在日記

7月1日 夏休みの語学学校のクラスに、日本人は自分一人だけ。

Piet Mondrian : Composition with Yellow Lines. 1933 絵葉書

<絵葉書>

Piet Mondrian : Composition with Yellow Lines. 1933

 

スポンサーリンク

1 July

くもり時々大雨 寒い

今日から7月だというのに夏の気配など何処にも無い。

今日は授業は無く、クラス分けのテストとオリエンテーションだった。

世界中が夏休みのせいか、若い人達が多い。

今回は日本人は少ないが(8月9月は多いらしい)韓国人とブラジル人がとても多い。

私のクラスも(やっとintermedeateクラスに入れた)日本人は私1人だった。

今までクラスに5人も日本人がいたのに、いざ1人になるとやはり心細い。

ホームステイは洗濯に時間がかかるものの、食事はいいからとてもhappyだ。

明日からintermediateクラスのが授業が始まる。

必至で勉強しないと、ついていけないだろう。

それにしても、今日は知った顔を見ただけで何か嬉しかった。

あのザイードや、ポンとかクリスティンさえも。

 

登場人物

ザイードサウジアラビア人・同じ語学学校20歳前後
ポンベトナム人・同じ語学学校
クリスティン韓国人・同じ語学学校20代半ば

 

スポンサーリンク

解説

この日から7月が始まりました。語学学校でのクラスが中級クラスに上がり、メンバーも入れ替わりました。

自分はずっと同じ語学学校に在籍してはいますが、新しい環境やクラスメイトに戸惑っていました。

1クラス14名ほどだったと記憶していますが、日本人が自分1人だけだったのです。

前からいるクラス違いのメンバーを見ただけでも少し安心したような、そんな気持ちでした。

夏休みの語学学校は、一気に生徒の人数も増え、世界中から中学生・高校生・大学生がやって来ているような印象でした。

先生も夏休みだけの非常勤の先生がやってきました。

 

参考夏休みの語学留学(イギリス・ケンブリッジ語学学校の様子)

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

 

 

スポンサーリンク

-イギリス語学留学滞在日記

© 2021 ケンブリッジデイズ Powered by AFFINGER5