英語語学学校

夏休みの語学留学(イギリス・ケンブリッジ語学学校の様子)

ケンブリッジの語学学校パンフレット(夏休み)

夏休みの長期休暇を利用して、語学留学をしようかと考えてる方も多いかと思います。夏休みの語学学校はどんな様子なのか、私が通っていた語学学校を例にご紹介します。クラスは、中級レベルの英語集中コースです。

 

スポンサーリンク

語学学校紹介

ケンブリッジ・ニューナムランゲージセンター正面(春)

<撮影・春>

まずは、私が通っていた語学学校を簡単に紹介します。

  • 名称:Newnham Language Centre
  • 住所:8 Grange Road・Cambridge,CB3 9DU,England

シティセンターからも徒歩15分から20分程度の距離で、住宅街にある語学学校でした。

軽食を食べることができるカフェテラス、図書室、自主学習ができる視聴覚室、卓球台が置いてある部屋もありました。

学校のカフェ内でするパーティーナイト(無料)や、有料ではありますが、ワンデイトリップの企画などもありました。生徒が英語の勉強だけではなく、娯楽も両方楽しめるように気を配られていたと思います。

※ 残念ながらこの語学学校はもう無く、今は同じ場所で違う語学学校になっています。

 

コース紹介

コースは英語集中コース、ビジネスイングリッシュ、IELTS, ケンブリッジ英検、英国のカルチャーや、英語教師の為のコースと沢山のコースがありましたが、今回は夏休みのコースの一例を下記に記しています。

↓コースの一例です。

Intensive(英語集中)コース夏休み(7月・8月)English and Activity Course
レッスン量1週間で27レッスン(1レッスン50分授業)+5.5時間の自習時間1週間で28レッスン(1レッッスン45分)午前(20レッスン)午後(8アクティビティ)
コースの長さ2週間〜34週間。2週間より受け入れ可能2週間〜8週間。2週間より受け入れ可能
レッスン開始日毎日月曜日
レベル初級〜上級。全くの初級は初級クラスに入る前にプライベートレッスンの受講が必要初級〜上級
最大人数とクラス数最大で15名14クラス最大で15名15クラス
年齢16歳以上15歳から18歳
時間割月・火・木(9.10-15.50)  水(9.10-14.55)  金(9.10-13.05)月(9.00-12.30) 火・水・木・金 (9.00-15.30)
アクティビティ有り有り
場所ランゲージセンター(本来の場所)近くのカレッジ(夏休みの間のみ)

 

スポンサーリンク

国と年齢

さて、上記の表右側(English and Activity Course)を見ていただければわかるように、夏休みに受け入れる生徒の年齢が15歳からとなっています。英語集中コース(Intensive Course)は16歳からの受け入れです。

実際は、7月に私のクラス(英語集中コース)で隣に座った男の子(アルゼンチン人)の年齢は15歳と言っていたような記憶があります。とても驚いたのでよく覚えています。英語集中コースは16歳以上からの入学ですが、夏休みなので受け入れていたのだと想像します。

当時27歳の私と15歳の中学生男子や女子が同じクラスにいるので、正直なところ少々勉強しづらかったです。15歳から18歳くらいのアルゼンチンの子供達が団体でやってきて、クラスの雰囲気も落ち着かない気がしました。また韓国からも大学生の団体が入学していました。

このように7月の夏休みは団体で入学してきており、クラスの人数は14名とかなりギュウギュウな感じになりました。他に、ロシアやイタリアからの留学生など、1クラスの国籍は多種多様ではありますが、団体がいるので半分が同じ国籍でした。逆に日本人は少なく、この時は私1人だけでした。

8月になると、アルゼンチンの子供達は帰国し、1クラスの人数も減って11人になりました。ブラジル、ロシア、サウジアラビアから個人で来た大学生や社会人と同じクラスとなり、殆どが20歳を超えた若者達ばかりでした。7月よりはクラスの雰囲気も落ち着き、ホッとしたのを覚えています。

↓私が在籍していたクラス(英語集中コース)の国籍と年齢内訳

7月8月
国籍人数年齢国籍人数 年齢
アルゼンチン7(男1・女6)中学生(10代)韓国3(男2・女1)大学生(20代)
韓国4(男2・女2)大学生(20代)日本3(女)社会人(20代)
イタリア1(女)大学生(20代)サウジアラビア2(女)大学院生(20代)、社会人(20代)
ロシア1(女)大学生(20代)スイス1(女)社会人(30代)
日本1(女)社会人(20代)ブラジル1(女)大学生(10代)
ロシア1(女)大学生(20代)
14名11名

 

先生について

夏休みの語学学校は、本当に全体の生徒の人数が増え、クラス数も増えます。常勤の先生方だけでは足りないので、今まで見た事のない先生が来て授業を受け持ちます。夏休みだけ英語を教えにくる非常勤の先生のようです。殆どが女の先生でした。

私が通っていた語学学校はかなり良い学校だと感じていましたが、常勤で評判の良い先生は、上級クラスやビジネスイングリッシュのクラスを担当しており、夏休みに当たった先生は悪くはないけど普通といった感じでした。

 

夏休みの語学学校で授業を受けた感想

イギリス・ケンブリッジの語学学校(ニューナムランゲージセンター)内掲示(生徒作品)

もし当時の私が短期留学の中学生や高校生であれば、夏休みの語学学校はとても楽しいものと思います。同年代の違う国の子供達と出会えますし、語学学校の方でも夏休み用に様々なアクティビティを用意してくれています。充実した時間となり、自分に中学生や高校生、大学生の子供がいれば、勧めていると思います。

しかし、私は長期滞在の社会人留学生でした。夏休みの語学学校の混雑さや賑わいには正直なところ少々疲れを感じました。

7月8月は混雑すると聞いていたので、授業は取らず旅行に行こうかとも考えたのですが、どうしても9月から始まるケンブリッジ英検のコース(FCE, 現在はB1First)に入りたいという希望がありました。

6月に学校の先生に相談すると、9月からのケンブリッジ英検のコース(FCE,現在はB1First)に入るには少々実力が足りないから7月と8月も学校で勉強した方が良い、とのアドバイスを受け残ることにしたのでした。

そのお陰が、9月からのケンブリッジ英検コース(FCE,現在はB1 First) に入る事ができたので、頑張ったかいはあったのかもしれません。

夏休みが終わって9月から通常の雰囲気の語学学校に戻った時は、本当にホッとした気持ちになったのを覚えています。

スポンサーリンク

-英語語学学校

© 2020 イギリス語学留学体験と英語学習