イギリス語学留学滞在日記

7月2日 ジーザスグリーンでのテニス用に赤の運動靴を購入。

Piet Mondrian : Composition with Red and Blue . 1936 絵葉書

<絵葉書>

Piet Mondrian : Composition with Red and Blue . 1936

 

スポンサーリンク

2 July

何だかどうも退屈だ。はがき(日記)に書くようなこれといった事もない。

今日、先週punting(船遊び)をした時の写真を取りに行った。

すごく楽しそうに写っている。

学校でモハ1やザイードとかに会うとすごく嬉しい。

7月になって、どうも同じ国同士で固まる傾向がある。

ところで、エスプリで赤の運動靴を買った。

散々迷って(約1ヶ月くらい?)やっと買った。

テニスをする時に必要なのだ。

今はどこもバーゲンをしているが、他には特に欲しいようなものは無い。

トレイシーから葉書きが、日本の友達から手紙が届いていた。

 

登場人物・場所

モハ1(モハメッド)イスラエル人・同じ語学学校。20歳前後
ザイードサウジアラビア人・同じ語学学校20歳前後
トレイシー台湾人・ケンブリッジで同じ語学学校だったが、ボーンマスの語学学校に変わる。20歳

 

エスプリシティセンターにある洋服の店
ジーザスグリーンシティセンター近くの芝生広場・テニスコートもある。

 

スポンサーリンク

解説

7月の語学学校は、賑やかです。団体で入学してくるので、どうしても同じ国同士で固まる傾向がありました。

4週間ほどの短期留学という事もあり、バカンスも兼ねているのでしょう。

私はまだ新しいクラスメイトに慣れる事ができなくて、イスラエル人のモハメッド1(他にモハメッドという名前の人がおり、区別をつける為にナンバーをつけました。本人達は、ナンバーを付けて呼ばれる事は嫌がっていませんでした。)やサウジアラビア人のザイードという知った顔を見るだけでも嬉しいような状態でした。

彼らは4月からずっと在籍していて、クラスが同じになった事もあったからです。

ところで、ジーザスグリーンにはテニスコートがあります。

そこで時々、友達とテニスをするようになっていました。

それまで履いていた靴は、クラークスのデザートブーツだったので、運動するには不向きだったのです。

そういう訳で、思い切ってシティセンターにあるエスプリというお店で赤の運動靴を購入しました。

その後の留学生活で様々な所に行きましたが、結局運動靴が一番足が楽で、動きやすかったです。

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

 

 

スポンサーリンク

-イギリス語学留学滞在日記

© 2021 ケンブリッジデイズ