イギリス語学留学滞在日記

6月13日 Examコース終了バーティーで、Qクラブに行く

Piet Mondrian : Composition with Red,Blue and Yellow-Green, 1920 絵葉書

<絵葉書>

Piet Mondrian : Composition with Red,Blue and Yellow-Green, 1920

 

 

スポンサーリンク

13 June

体調は少し回復した。

今日はexamコース終了パーティーがQクラブであるというので参加してみた。

しかし、今日に限って山程の宿題があり、皆怒っていた。

パーティーは大幻滅した。ヨーロッパの人々は自由すぎる!このスペースで全てを語れない・・。

今日、日本から荷物が届いていた。これで顔が剃れると思うとすっきりする。

久しぶりのおかきと、のりは皆で分けて食べた。

皆(Y, H, トレイシー、クリスティン)は久しぶりのこの味に満足していた様子だ。

ローレンだけは変な味だと言っていたが・・・。

ところでYは何かあったのだろうか。かなり目が座っていたが。

しかし、Qクラフの一件で人間を見る目が又変わった。

 

 

登場人物・場所

Yクラスメイト・日本人女子19歳
H同じ語学学校・日本人女子20代半ば
トレイシークラスメイト・台湾人女子20歳
クリスティン同じ語学学校・韓国人女子20代半ば
ローレン同じ語学学校・スイスフランス人男子17歳〜18歳
Qクラブケンブリッジのシティセンター内にあるクラブ

シティセンターとは

スーパー・銀行・図書館等があるケンブリッジの街の中心部

 

 

スポンサーリンク

解説

Qクラブは地下にある、暗くていかにもクラブという感じの場所でした。

入り口には結構強面の人が立って客を出迎えていました。

イギリス・ケンブリッジに来て二ヶ月半が経過し、シティセンターの事はだいたいわかったつもりでしたが、クラブがあるとはこの時初めて知ったのでした。

物珍しさもあり、語学学校から行くのであれば安心だろうと思い参加しました。

クラブなので、皆が踊りまくっています・・。理性はどこへ行ったのだろうか。恥ずかしくないのかな、等色々と思いました。

日本の家族に、醤油ベースのお菓子を送って欲しいと頼んでいたので荷物が届き、皆で分けました。

イギリスにいると、だしとか醤油の味が恋しくなります。

よく語学学校のホワイトボードに「おすし」「すきやき」「おでん」などの絵を書いては食べたつもりになっていました。

私には語学学校のテラスで、のりやおかきを皆で食べる方が似合っていました。

 

カテゴリー:「イギリス語学留学滞在日記」に戻る

 

 

スポンサーリンク

-イギリス語学留学滞在日記

© 2020 イギリス語学留学体験と英語学習